セフレ探し

セフレをデートに誘うときの3つのスーパテクニック

セフレを作ることに焦ってはいけません。あくまでもセックスがメインで感情や快楽を求める関係であるラインを崩さないことが大事です。身の丈にあった振る舞いをしておかないと、最後にはお金がなくなります。金の切れ目が縁の切れ目にならないように注意してください。今回はデートからセフレに結び付けるテクニックについてまとめておきましょう。

約束を焦らないこと

出会い系アプリで意気投合したら、デートになりますが、その約束も相手が焦れるほど、引っ張ったほうがいいです。すぐに会いたいとメッセージを送ると下心が見え見えです。相手があれ?誘ってくれないのかなと思わせるようにしむけましょう。会いたいことは伝えながらも、予定がなかなか会わないようにしましょう。

デートしてもすぐにセックスしないこと

相手との距離感をほどほどにとっておくことです。最初のデートでエッチは駄目ですよ。まあ、3回目のデートでキス程度ができれば合格です。キスもできないならば、セフレ候補としては失格。ガチな恋愛対象と思われてしまいます。真剣交際していないのにイチャイチャが楽しめる距離感が理想です。本気の交際に進展する場合は、別れ話もややこしくなりますし、面倒なことが多いです。

付かず離れずの関係で、まだまだ告白できないけれどセックスはしたい感じの関係がセフレとしてはベストです。あまり、ずるずると引きずらないで、タイミング良くセックスをするようにしましょう。このあたりは上級者になれば勝負どころが、わかりますので経験値を重ねてください。

質素倹約に努めること

デートや食事で気前よくお金を出してしまうと、対等関係なセックスフレンドというよりも、次第にお財布的な扱いにされることもあります。適度に押さえつつ、相手もときどき出してくれる関係性を目指してください。

セフレをデートに誘うときの3つのスーパテクニックをご紹介しましたので、覚えておきましょう。
セフレはセフレで援交ではありませんね。けち臭いと思われなくないからとお金を出していると恋人とかわらなくなりますよ。セフレ探しの極意の3つは基本中の基本です。