サブリースという言葉はあまり一般的に使用される言葉ではないため、知らない人も多いでしょう。
しかしあなたが不動産物件を賃貸する時、その賃貸はサブリース物件かもしれません。
またあなた自身が所有する物件をサブリースする可能性もあるでしょう。
そのため、サブリースについて知っておいて損はない知識だと言えます。

サブリースって何?

ではサブリースとは何なのか紹介していきます。
サブリースとは、不動産会社が行っているサービスの一種です。
賃貸オーナーから賃貸住宅の物件を借り上げて、その賃貸住宅の物件を第三者に転賃するサービスの事です。
賃貸オーナーからすれば、自分で入居者を募集したり、物件を管理する手間がないというメリットがあります。

また第三者からすれば、個人が管理する物件よりも不動産会社が管理する物件の方が安心感があります。
もちろん不動産会社も扱う物件が増える上に、利益が発生するから行っている訳で、三者三様でメリットのあるサービスだと言えるのではないでしょうか?

サブリースの問題点

しかしサブリースという言葉をニュースなどで見かけた事があるという人もいるかもしれません。
なぜかというと、近年サブリースが社会問題に取り上げられています。
それはなぜかというと、賃貸オーナーと不動産会社の間で交わされる契約が非常に曖昧であるため、賃貸オーナーが損をする自体が多発しているためです。

例えば不動産会社は家賃保証や空室保証を謳っていますが、法的には守る必要がなく、いつでも減額請求を行う事が出来るのです。また法律的には賃貸オーナー個人ではなく、不動産会社の方が借地借家法によって保護されている状態です。

また減額請求された事が不満で、契約を途中で解除しようとした場合、高額な違約金を請求されたり、ローンの全額借り換えを請求されるなど、とにかく賃貸オーナーにとって不利な条件ばかりになってしまいます。
そのためサブリースの契約を行う時は、信用出来る不動産会社かどうかしっかり確認して選ぶ必要があります。

所有している不動産物件を、人に貸す事になった場合、少しでも高く貸したいと思うのは自然な事です。
ですが自分で管理運営をするには、知識がなくて不安だという場合、不動産会社が提案しているサービスでサブリースと呼ばれるサービスがあります。このサービスを利用すればあなたの所有する物件をあなたに代わって転貸してくれます。

一括比較査定をしてもらおう

所有している物件を少しでも高く貸したいけれど、どの不動産のサブリースが高く転貸してくれるのか、全く見当がつきませんよね。しかも最近はサブリースのサービスを行っている不動産会社も多数存在するので、何を基準に選んでいいのか分からないという人も多いでしょう。

サービスの質も重要なのですが、1番分かりやすい比較対象はやはり賃貸価格です。
賃貸価格=収益となるわけですから、重要なポイントだと言えますよね。
不動産を売却する場合は、複数の不動産会社に見積もりをするという人も、サブリースの場合は見積もりをせずに決め手しまっていませんか?

売却と転貸という違いがあっても、複数の不動産会社で見積もりを出してもらった方がいいという点は変わりません。
なのでサブリースでも見積もり査定を行いましょう。
同時に複数のサブリースの見積もりが可能な、一括比較見積もりサイトも存在しています。

一括比較査定を利用する利点

この一括比較見積もりサイトを活用すれば、短時間でどの不動産会社のサブリースのサービスが最も高い賃貸価格をつけてくれるか一目瞭然だと言えます。
もちろん、一括比較見積もりサイトは、無料査定を行ってくれるので、大変便利なサイトです。

賃貸物件の場合は、マンション一室というケースもありますが、アパート一棟というケースも珍しくありません。
なので賃貸価格の違いで、どの不動産会社を選ぶのかによって、収益が数十万円単位で差がつきます。
また自分の所有する不動産価値を知る事、相場を知る事で、悪質なサブリースサービスに対しても騙されにくくなるという利点もあります。

サブリースとは、不動産が行っているサービスの一種で、賃貸オーナーから物件を借り上げてそれを第三者に転賃するサービスの事です。賃貸オーナーにとって、サブリースとはメリットももちろんありますが、メリット以上にデメリットの方が多いため、利用するかどうかはデメリットをよく把握した上で判断して下さい。

サブリースのメリットについて

近年は副業目的で、サラリーマン大家と呼ばれる人達が増えてきています。
彼らはサラリーマンが本業ですから、大家としての知識が浅く、また大家にあかり時間をかける事が出来ません。
そのためサラリーマン大家の多くが、物件購入時からすでにサブリースのサービス利用する事が考えている人が多いでしょう。

なぜかというと、サブリースによって不動産会社が物件を管理し運用してくれます。
賃借人が家賃を滞納する、問題行動を起こすなどのトラブルに対しても、賃貸オーナーが対処する必要はなく、全て不動産会社が対処してくれます。

そして1番大きなメリットは、空室保証がある事です。
賃貸オーナーからすれば空室がある状態とは家賃収入が減ってしまう事なので、極力避けたい自体です。
しかし空室状態であっても空室分の家賃が保証されているので、賃貸オーナーは安定した家賃収入を得る事が出来ます。

サブリースのデメリットについて

サブリースのメリットだけ見れば、サブリースのサービスを利用する事で賃貸オーナーは手間がかからず安定した家賃収入を得る事が出来、非常に美味しい話のように思えます。
しかしながら世の中美味しい話がそうそうある訳ではありません。
美味しい話には裏がある可能性が高いのです。

事実サブリースに関しては、その契約内容は非常に穴ばかりで、賃貸オーナーに美味しい話のはずが、実際に得をしているのは不動産会社ばかりという状態になっています。

まず空室保証に関しても、その保証が長期間続くという保証はどこにもないのです。
不動産会社は減額請求を行う事が出来るため、不動産会社に支払う金額を考慮すれば、賃貸オーナーは空室のリスクがあったとしても、自分が管理運営をした方がよほど収益を得る事が出来るという状態なのです。

また後からその契約内容の悪条件に気づいた場合でも、途中解約を行う事が出来ない状況に陥っています。
なぜかというと、途中解約をすると多額の違約金が発生する上に、不動産を購入した時点で組んだローンまで適用されなくなってしまうためです。そうなると賃貸オーナーはもう不動産を手放すしかありません。
そのため不動産を手放す事を考えれば、途中解約せずに、そのまま契約を続けた方がまだマシなのです。

サブリースに関するトラブルは本当に数が多く、行政もそれを黙って見ているだけではありません。
ちょうどサブリースのトラブルが増えた時期である2011年に行政は新たな制度を設ける事で対応を見せました。
しかしその制度でもトラブルが絶えなかったため、もう一度2015年に新たな制度を設けています。

行政が対応するほどのトラブルに

サブリースは不動産会社が利益を得る事を目的とした、賃貸オーナーには悪条件なサービスです。
もちろん全ての不動産会社が悪質な契約を行っている訳ではありませんが、トラブルの数から考慮してもかなりの割合で悪質な契約が行われている事は間違いありません。

しかしながら従来の法律では不動産会社にとって都合のいい法律は存在しても、賃貸オーナーを守るような法律は存在していませんでした。
なぜかというと、賃貸オーナーがいくら大家経験がない素人であったとしても、賃貸オーナーという肩書がある限り、消費者ではありません。事業者という立場になってしまうため、事業者同士の契約となってしまいます。
そのため契約内容に不備があったとしても、それを契約時点に見抜く事が出来なかった賃貸オーナーに非があるとされていました。

しかしサブリースのトラブルが社会問題になるほど多発してしまっては、行政も何も対応しない訳にはいきません。
そこで2011年には「賃貸住宅管理業者登録制度」を設ける事でサブリース業者は契約時に重要事項について、キチンと説明をする義務を設けました。

しかしその制度が設けられた後も、トラブルは減少しなかったため、再度2015年に「サブリース事業に係る適切な業務の実施について」という通知を通達しています。
ただしこの対応は、あくまでも契約時にデメリットについてもキチンと説明をしなさいという内容に過ぎません。

あまりにひどい契約に対しては、違約金が発生しないで途中解約が可能になるなどの思い切った対応策を作らない限り、まだまだこれからもサブリースによるトラブルに巻き込まれる賃貸オーナーは後を絶たないでしょう。