サブリースという言葉はあまり一般的に使用される言葉ではないため、知らない人も多いでしょう。
しかしあなたが不動産物件を賃貸する時、その賃貸はサブリース物件かもしれません。
またあなた自身が所有する物件をサブリースする可能性もあるでしょう。
そのため、サブリースについて知っておいて損はない知識だと言えます。

サブリースって何?

ではサブリースとは何なのか紹介していきます。
サブリースとは、不動産会社が行っているサービスの一種です。
賃貸オーナーから賃貸住宅の物件を借り上げて、その賃貸住宅の物件を第三者に転賃するサービスの事です。
賃貸オーナーからすれば、自分で入居者を募集したり、物件を管理する手間がないというメリットがあります。

また第三者からすれば、個人が管理する物件よりも不動産会社が管理する物件の方が安心感があります。
もちろん不動産会社も扱う物件が増える上に、利益が発生するから行っている訳で、三者三様でメリットのあるサービスだと言えるのではないでしょうか?

サブリースの問題点

しかしサブリースという言葉をニュースなどで見かけた事があるという人もいるかもしれません。
なぜかというと、近年サブリースが社会問題に取り上げられています。
それはなぜかというと、賃貸オーナーと不動産会社の間で交わされる契約が非常に曖昧であるため、賃貸オーナーが損をする自体が多発しているためです。

例えば不動産会社は家賃保証や空室保証を謳っていますが、法的には守る必要がなく、いつでも減額請求を行う事が出来るのです。また法律的には賃貸オーナー個人ではなく、不動産会社の方が借地借家法によって保護されている状態です。

また減額請求された事が不満で、契約を途中で解除しようとした場合、高額な違約金を請求されたり、ローンの全額借り換えを請求されるなど、とにかく賃貸オーナーにとって不利な条件ばかりになってしまいます。
そのためサブリースの契約を行う時は、信用出来る不動産会社かどうかしっかり確認して選ぶ必要があります。

関連する記事