サブリースとは、不動産が行っているサービスの一種で、賃貸オーナーから物件を借り上げてそれを第三者に転賃するサービスの事です。賃貸オーナーにとって、サブリースとはメリットももちろんありますが、メリット以上にデメリットの方が多いため、利用するかどうかはデメリットをよく把握した上で判断して下さい。

サブリースのメリットについて

近年は副業目的で、サラリーマン大家と呼ばれる人達が増えてきています。
彼らはサラリーマンが本業ですから、大家としての知識が浅く、また大家にあかり時間をかける事が出来ません。
そのためサラリーマン大家の多くが、物件購入時からすでにサブリースのサービス利用する事が考えている人が多いでしょう。

なぜかというと、サブリースによって不動産会社が物件を管理し運用してくれます。
賃借人が家賃を滞納する、問題行動を起こすなどのトラブルに対しても、賃貸オーナーが対処する必要はなく、全て不動産会社が対処してくれます。

そして1番大きなメリットは、空室保証がある事です。
賃貸オーナーからすれば空室がある状態とは家賃収入が減ってしまう事なので、極力避けたい自体です。
しかし空室状態であっても空室分の家賃が保証されているので、賃貸オーナーは安定した家賃収入を得る事が出来ます。

サブリースのデメリットについて

サブリースのメリットだけ見れば、サブリースのサービスを利用する事で賃貸オーナーは手間がかからず安定した家賃収入を得る事が出来、非常に美味しい話のように思えます。
しかしながら世の中美味しい話がそうそうある訳ではありません。
美味しい話には裏がある可能性が高いのです。

事実サブリースに関しては、その契約内容は非常に穴ばかりで、賃貸オーナーに美味しい話のはずが、実際に得をしているのは不動産会社ばかりという状態になっています。

まず空室保証に関しても、その保証が長期間続くという保証はどこにもないのです。
不動産会社は減額請求を行う事が出来るため、不動産会社に支払う金額を考慮すれば、賃貸オーナーは空室のリスクがあったとしても、自分が管理運営をした方がよほど収益を得る事が出来るという状態なのです。

また後からその契約内容の悪条件に気づいた場合でも、途中解約を行う事が出来ない状況に陥っています。
なぜかというと、途中解約をすると多額の違約金が発生する上に、不動産を購入した時点で組んだローンまで適用されなくなってしまうためです。そうなると賃貸オーナーはもう不動産を手放すしかありません。
そのため不動産を手放す事を考えれば、途中解約せずに、そのまま契約を続けた方がまだマシなのです。

関連する記事